西友、村上財団、個人寄付者から支援を得て9月1日サービスイン

病児保育専門シッター事業で15年、障害児保育で5年の運営実績を持つ国内唯一の事業者として、認定NPO法人フローレンスは、このたび日本初となる医療的ケア児専門の看護師によるシッター事業医療的ケアシッター ナンシー」を2019年9月1日よりスタートします。

‹障害児保育のノウハウを活用し新しい支援を›
フローレンスは、医療的ケア児に長時間の保育を提供し、親御さんの就労継続を支援する日本初の事業「障害児保育園ヘレン」(2014年~)、「障害児訪問保育アニー」(2015年~)を運営し、これまでに都内でのべ100家庭以上の障害児親子の生活に伴走してきました。また、就学年齢となったヘレンやアニーの子ども達を特別支援学校へと送り出してきました。

障害児保育事業の運営を通じて
●働いていないお母さん達は数分も休まることなく介護をしている
●医療的ケア児を受け入れる学童施設が圧倒的に不足している
●特別支援学校に通学できない障害児の受けられる訪問授業は 週6時間しかない
といった、保育事業だけではカバーしきれない障害児親子に関わる 様々な課題を知ることとなりました。

いっときも子どもから目を離すことが出来ない親御さんのレスパイト
(一時休息)、就学年齢の医療的ケア児のニーズに対応するため、
新規事業「医療的ケアシッター ナンシー」を立ち上げます。 訪問看護や複数の医療福祉制度を組み合わせるというスキームを使い
障害児家庭への支援を始めます。

まずは、サービスイン後1年で都内30世帯のモデルケースをつくり、
各家庭のニーズにオーダーメイドで対応していきます。同時に、全国で数万あると予想される医療的ケア児とその家族のニーズを代弁し、全国にこのモデルが広がっていくための提言活動を推進していきます。