ミッチェル・スレープ

合同会社西友
ウォルマート・ジャパン・ホールディングス株式会社
最高経営責任者代行

ミッチェル・スレープ(1967年8月16日生)は2018年2月24日付で、合同会社西友及びウォルマート・ジャパン・ホールディングス株式会社の最高経営責任者代行に任命されました。

2015年、ウォルマート・インクの日本の子会社である合同会社西友に、店舗運営本部、ドットコム事業本部、マーケティング本部、物流部、業態戦略推進部を統括する最高執行責任者(COO)として入社。西友入社以前は、ウォルマート米国部門において、グレート・レークス・ディビジョンのシニア・バイス・プレジデント(SVP)を務めていました。

1995年にウォルマートに入社し、国際部門の不動産・建築エリアを担当。その後、US部門、および国際部門における不動産・建築関係、M&A、業態開発および店舗運営など数々の要職を歴任し、その間、駐在員としてアルゼンチン、韓国、メキシコ、インドのウォルマートへも赴任しています。

カンザス州ウィチタ出身。ウィチタ州立大学でファイナンスの学士号を習得後、アリゾナ州グレンデールのサンダーバード国際経営大学院にて国際マネジメント修士号を取得しています。